診療内容

HOME > 診療内容 > 二重まぶた・目の形 > 眼瞼下垂形成術

コンテンツ

イントラジェン

診療時間

九州でただ一人!アラガン認定 ボトックス・ヒアルロンさん注射認定トレーナー 院長 飯尾礼美

先端技術

  • サーマクールCPT
  • 二重まぶた

    関連サイト

  • エンビロンメンバーズサイト ログイン
  • エンビロンメンバーズサイト 申し込みフォーム
  • VISTA-Shape
  • ソーシャルメディア

  • 美容外科医の本音 BLOG
  • 飯尾形成外科クリニックLINE
  • 飯尾形成外科クリニック 公式フェイスブック
  • 採用情報

  • 採用情報
  • 院長からの一言
  • カウンセリング予約
  • メール相談

顔の引き締め

ポイント

痛くない!でもたるみがすっきり!そしてお肌はツヤツヤに!

顔のたるみの最新治療 エンディメッドプロ
ポイント

痛みがなく 心地よく 顔のタルミを改善し 即効リフトアップ

エンディメッドPROは、この理想に最も近づきました。

ポイント

皮膚深層~皮下組織にかけて熱量を発生させることが、コラーゲンの再構築を促すことで、肌のタルミ、引き締めを促すことになります。痛みなく,狙った深さで,必要十分なエネルギーを発生させることができれば最も理想的です。

3DEEPテクノロジーは、その理想に一歩近づきました。

3次元的に RF(高周波,ラジオ波)を理想の深さで、必要量のみを発生させることで、従来機を超える効果を得ることができます。なぜこのような治療が可能となったのか。それが特許技術「3DEEPテクノロジー」です。

従来のRF照射方法を超えた「3DEEPテクノロジー」

たるみや、しわの治療として様々な治療法が生み出されてきましたが、現在主流となっているのが、サーマクールや、ポラリスなど高周波RFを使用した治療機です。肌を引き締めたるみを引き上げる効果もそれなりながら、両者とも認知され、人気治療となっています。
しかし、サーマクールやポラリスでは、治療の際に痛みが伴うため、場合によって表面麻酔薬などが必要となります。治療効果を高めるために、出力を上げざるを得ず、その痛みによって、治療が継続できなくなる方も多くいらっしゃいました。
その原因の多くは、高周波・ラジオ波の伝達方法に多く依存します。

ポイント

ポイント

モノポーラ方式(サーマクール等)

真皮層に強力なエネルギーを与えるこの方式は、エネルギーロスが大きく、十分なエネルギーを与えるためには、より高エネルギーを必要とします。これが痛みの原因となり、皮膚陥凹、脂肪萎縮などを引き起こす原因となりました。当院で導入済みの第3世代“サーマクールCPT”になってずいぶんと改良され、効果が安定するとともに痛みも軽減されました。

ポイント + + + +  ポイント + +(CPTの場合)

ポイント

バイポーラ方式(ポラリスなど)

電極間距離の半分の深さで熱量が発生することができる治療機であり、浅い 層を加熱することに適しています。深い層まで 加熱する ことは、基本的に難しく、当然より高いエネルギーを加えようとすれば、痛み等の原因となっていきます。

ポイント + ポイント

デメリットを解決した 3DEEPテクノロジー

ポイント

電極を変化させていくことで、目的の深さで必要な熱量を効率的に発生させます。
効率的に層状に熱量を発生させることで、エンディメッドPROは、無痛で、心地よく十分なエネルギーを与えることができます。

これが、他の治療機ではできない、唯一 EndyMedの特許技術 3DEEPテクノロジーです。

ポイント + + +  ポイント

※画像はソララクリニックのホームページより引用しております
※このホームページに掲載されている全ての画像・動画・文章・データ等の無断転用、転載を禁止します