診療内容

HOME > 診療内容 > 二重まぶた・目の形 > 眼瞼下垂形成術

コンテンツ

イントラジェン

診療時間

九州でただ一人!アラガン認定 ボトックス・ヒアルロンさん注射認定トレーナー 院長 飯尾礼美

先端技術

  • サーマクールCPT
  • 二重まぶた

    関連サイト

  • エンビロンメンバーズサイト ログイン
  • エンビロンメンバーズサイト 申し込みフォーム
  • VISTA-Shape
  • ソーシャルメディア

  • 美容外科医の本音 BLOG
  • 飯尾形成外科クリニックLINE
  • 飯尾形成外科クリニック 公式フェイスブック
  • 採用情報

  • 採用情報
  • 院長からの一言
  • カウンセリング予約
  • メール相談

ニキビ跡・毛穴ケア

ポイント

最新のフラクショナル治療導入!にきび跡、毛穴の開きそして妊娠線を改善します。
小じわにも効きそう!でもこれはチョット痛いです。

にきび跡の凹凸、クレーターの治療

エンディメッドFSR

ポイント

引き締め治療と同じ3DEEPテクノロジーを使用しますが、 極小点状の電極が112個あり、 一気に皮膚真相まで効率的に加熱することで、 肌の再構築を急速に促すことができます。

ポイント

3DEEPテクノロジーに、RFフラクショナルを応用して高い効果を発揮

ポイント

マイクロフラクショナルRFによって 皮膚表層をドット状に肌を入れ替え、高周波が3次元的にに深部まで積層的に加熱することで、肌の再構築を促進させます。(3DEEPテクノロジー)

ポイント

エンディメッドFSRは、3DEEPテクノロジーによって高周波の発生電極を変化させることで、皮膚深層ま で、エネルギーを到達させることを可能としています。これによって従来のモノポーラ型、バイポーラ型の高周波機器以上に効率的に熱量を発生させるだけでな く、CO2フラクショナルレーザー以上の効果を出しつつ、安全性に優れた治療効果を得ることを可能としました。

エンディメッドFSRと、他のフラクショナル機器との違い

現在様々なレーザーや、高周波等を使用したフラクショナル技術を搭載した治療機が出てきています。 皮膚表面を保護しつつ、新し肌へ入れ替える治療法は、タルミ・しわの改善はもとより、肌質改善・若返り治療から、特にニキビ跡の治療など幅広く使用されています。 その中でも、RFフラクショナル(高周波を使用したフラクショナル治療機)が、最新のトピックと言えるでしょう。
RF(高周波・ラジオ波)が,今後この領域の主流となっていくと考えられます。 EndyMed(エンディメッド) FSRは、最も新しい技術を採用したRFフラクショナル治療機です。他の治療機との違いを説明したいと思います。

アブレイティブレーザー

ポイント
CO2フラクショナルレーザー(ブリッジセラピー,eCO2エコツー,など)等が有名です。アブレイティブレーザーと言い、皮膚を蒸散させて、直接的に入れ替えを行うため、高い治療効果が得られます。

  • ● 表皮に非常に高い治療効果が得られます。
  • ● 皮膚深層まで十分に加熱することは困難です。
      場合によって他の治療法を併用することもあります。
  • ● 細いレーザーが照射された部位は、過剰に加熱されてしまうので、
      痛みが強く出ることもあります。
  • ● それによって,ダウンタイム赤みが出ている時期が
      長くなってしまいます。

RFフラクショナル技術を使用した他の治療機

ポイント
バイポーラ・RFフラクショナル技術を使用した治療機も、近年数種類登場してきています。サブレイティブRFと呼ばれることもあります。皮内で、高周波によって熱量を発生させることで、治療効果を得ることを目的に開発されています。

  • ● 皮膚表面で熱量を発生させているわけでありませんので、
      皮膚表面への治療効果は限定的となることも。
  • ● バイポーラによって熱量が発生しますので、
      皮膚深層までの加熱は限定的です。
  • ● 皮膚表面を過剰に加熱することはないので、痛みは少ない。
  • ● スキンタイプ肌の色を選ばず治療を行うことができます。

針を挿入し直接高周波を発生 ニードルフラクショナルRF

ポイント
より直接的に真皮層で熱量を発生させるために、針電極を皮膚真皮層に挿入し、高周波RFを発生させることで、にきび跡をはじめ、シワタルミの改善に高い効果が期待できる治療機器です。

  • ● 皮膚表面で熱量を発生させないことで、
      皮膚表層を保護しています。
  • ● バイポーラによって熱量が発生しますので、
      皮膚深層までの加熱は限定的となることも。
  • ● ダウンタイムの延長がみられているようですが、
      使用周波数によって軽減されている機器も出てきています。
  • ● スキンタイプ肌の色を選ばず治療が可能です。

3DEEPテクノロジーを応用し、皮膚深層まで加熱可能なRFフラクショナル EndyMed FSR

ポイント
皮膚深層~皮下組織まで安全に効率的に加熱することを可能とした「3DEEPテクノロジー」を応用したエンディメッドFSRは、皮膚表面をフラクショナルに入れ替えつつ、皮膚深層まで加熱することで、全層にわたる治療を可能としました。

  • ● 皮膚表面でも高周波によって、フラクショナルに熱量を
      発生させることで、表皮にも高い治療効果が得られます。
  • ● DEEPテクノロジーによって,皮膚深層まで多層的に加熱するが可能。
  • ● 皮膚表面を過剰に加熱することなく、痛みは少なく抑えることができる。
  • ● スキンタイプ肌の色を選ばず治療を行うことができます。

このように、エンディメッドFSRは、他のフラクショナルレーザー,フラクショナル高周波・RFフラクショナルと違い、「3DEEPテクノロジー」を基にすることで、皮膚全層に及ぶ治療を安全に可能としています。 この点が、他の治療機との違いと言えるでしょう。

  • 安全に肌の入れ替えを行う
  • ● 表面に過度のダメージを与えずに、皮膚深層まで必要十分な熱エネルギーを与えることで、肌の新生を促す

これがエンディメッドFSR(EndyMed FSR)の強みと言えます。

※画像はソララクリニックのホームページより引用しております
※このホームページに掲載されている全ての画像・動画・文章・データ等の無断転用、転載を禁止します