診療内容

HOME > 診療内容 > 二重まぶた・目の形 > 目頭切開術・目尻切開術

コンテンツ

イントラジェン

診療時間

九州でただ一人!アラガン認定 ボトックス・ヒアルロンさん注射認定トレーナー 院長 飯尾礼美

先端技術

  • サーマクールCPT
  • 二重まぶた

    関連サイト

  • エンビロンメンバーズサイト ログイン
  • エンビロンメンバーズサイト 申し込みフォーム
  • VISTA-Shape
  • ソーシャルメディア

  • 美容外科医の本音 BLOG
  • 飯尾形成外科クリニックLINE
  • 飯尾形成外科クリニック 公式フェイスブック
  • 採用情報

  • 採用情報
  • 院長からの一言
  • カウンセリング予約
  • メール相談

目頭切開術・目尻切開術

ポイント

目頭に隠されていたあなた本来の目を。

目頭切開とは

目頭をおおい上まぶたの皮膚を引き下げているモウコヒダ(蒙古襞)を切開して広げる手術です。
この手術で、隠されていた目の内側が見えるようになると、本来の目の大きさを取り戻すので、『活き活きとパッチリとした目』に、また目と目の間がひきしまって『はっきりとした目』に見えます。
さらに、二重も目頭から目尻まできれいに見える“平行型”になります。

適応症状

目を大きく見せたい方 ・平行型の二重を希望の方 ・目と目が離れて見える方

治療方法

形成外科で行う、引きつって突っ張った傷跡を切広げて治す『Z形成術』や『W形成術』を応用したのが『目頭切開術』です。
モウコヒダの皮膚に“Z”や“W”の形の切開を行い、皮膚を組み替えて縫い直すとヒダが伸びて被さりが無くなります。
たいへんデリケートな手術ですので、手術用拡大ルーペで見ながら“8−0”という極細糸で縫合します。モウコヒダの元々の形となりたい形を参考に“Z”か“W”を判断しています。

目頭切開 治療方法

ページのトップに戻る

ポイント

目を横方向へ大きくみせる手術のひとつ。

目尻切開とは

目頭切開と同様な手術ですが、こちらは本来の目尻の形を無理に切広げるものです。
瞼の縁の形や眼球の外側端の形をあまり不自然にしない為には、控えめなデザインが必要で、結果として劇的な変化を望むものではありません。

適応症状

たれ目の方 ・つり目の方 ・切れ長な目にしたい方

治療方法

切開幅や角度は、目の形状や顔全体のバランスを考慮してデザインをします。目元に麻酔を行い、デザインした部分に沿って切開し、余分な皮膚や組織を切除します。両目のバランスをチェックし、切開部分を縫い合わせれば終了です。

目尻切開 治療方法

※このホームページに掲載されている全ての画像・動画・文章・データ等の無断転用、転載を禁止します