診療内容

HOME > 診療内容 > 若返り(アンチエイジング) > フェイスリフト

コンテンツ

イントラジェン

診療時間

九州でただ一人!アラガン認定 ボトックス・ヒアルロンさん注射認定トレーナー 院長 飯尾礼美

先端技術

  • サーマクールCPT
  • 二重まぶた

    関連サイト

  • エンビロンメンバーズサイト ログイン
  • エンビロンメンバーズサイト 申し込みフォーム
  • VISTA-Shape
  • ソーシャルメディア

  • 美容外科医の本音 BLOG
  • 飯尾形成外科クリニックLINE
  • 飯尾形成外科クリニック 公式フェイスブック
  • 採用情報

  • 採用情報
  • 院長からの一言
  • カウンセリング予約
  • メール相談

フェイスリフト - 頬リフト・額リフト・こめかみリフト・頸部リフト (ネックリフト)・ミニリフト -

ポイント

プチ整形では対応できない大きなフェイスラインのくずれを改善させる外科手術で、見た目年齢を10歳程度若返らせることが可能です。シワ、たるみなど顔全体の衰えをいっきょに解決するのに効果的です。
フェイスリフト手術には、顔面の構造を熟知し、組織にいたわりを持って丁寧に切開・剥離・縫合を行う技術と、患者様がご希望の結果を理解しそれを作り上げるデザイン力が、最も必要とされます。
顎顔面外科を含めた形成外科の修練を受けた院長の最も得意とする分野です。

フェイスリフトとは

フェイスリフトでは、“たるみ”をしっかりと引き上げるために、いったん皮膚と皮下組織を剥がしてそれぞれを移動する必要があります。
ただ、手術手技にはいろいろな方法があり、状況によってはほとんど剥離をせず皮膚切除のみを行う事もあります。
また施術範囲も、こめかみ部分だけや首の部分だけをリフトアップするミニリフトから、額・こめかみ・頬・フェイスライン・首の顔面全体を一気に引き上げるトータルリフトまで様々です。

適応症状

顔全体、もしくは部分的(頬、額、まぶた、口元、顎、首など)なたるみによる輪郭のくずれや皮膚の緩みによるシワ

1. 頬リフト

泣いたり、笑ったり、怒ったり...顔はいろんな表情を見せてくれますが、その時に一番活躍するのが頬の辺りにある表情筋です。顔面には非常にたくさんの表情筋があり、これを覆っている膜のことをSMASといいます。
当院では皮膚だけを引き上げるのではなく、このSMASも一緒に引き上げるという方法で、長期にわたって若返った状態を維持できます。

治療方法

こめかみの後方(髪の毛の中)から耳介前面、さらに耳介後面にまわり込んで切開し、ひきあげに必要な皮下を広く剥離します。皮下脂肪の中間層で丁寧に剥離し、同時に深部リガメントを切離します。


続いてSMASを剥離して、余分を切りつめながら太めの糸によって、しっかり吊り上げ固定を行います。


あとは余った皮膚を耳介周囲に自然な形に添うように切除し、徹底的に丁寧に形成外科的縫合を行います。
他院で手術を受けて傷跡で悩んでおられる方も一度ご相談下さい。

頬リフト 治療方法

症例写真

頬リフト 症例写真

年齢:40歳
施術前 / 施術後3ケ月


施術内容

●頬~首リフト
●目の下のたるみとり

症例写真

頬リフト 症例写真

年齢:55歳
施術前 / 施術後4年


施術内容

●頬~首リフト
●目の下のたるみとり

ページのトップに戻る

2. 額リフト

額全体のたるみは、額にシワを刻むだけでなく眉毛や上まぶたまで下がる原因となります。こうした額から目元にかけてのたるみを一気に解決するのが額リフトです。額のシワがピンと伸び、眉毛や上まぶたもキリッと上がって若々しさが復活します。眉間や鼻根部のシワに対しても有効です。
額の後退が気になる方は生え際で切開する方法を、また傷跡をより目立たなくしたい方は髪の毛の中で切開するのがおすすめです。

治療方法

額の生え際、もしくは生え際より5cm頭頂寄りの髪の毛の中を切開し、額の皮下を眉毛あたりまで剥離して吊り上げを行い、たるんだ皮膚を引き上げてシワを伸ばして縫合します。


額の生え際を切開する際は「毛包斜切開法」を利用しますので、傷跡も目立たず自然な生え際を保ちます。

額リフト 治療方法

症例写真

額リフト 症例写真

年齢:60歳
施術前 / 施術後半年


施術内容

●額リフト

ページのトップに戻る

3. こめかみリフト

まぶたの皮膚の弛緩による目元のたるみは、まぶたの皮膚を切除することで改善します。しかし目元全体にたるみが生じている場合は目尻からこめかみ部分にかけてのリフトアップが効果的です。
他の部分のリフトアップと違い著しい腫れを生じることもありませんし、傷跡も髪の毛の中に隠れますので術直後の傷も目立ちません。ほんの少しの変化で目元全体の若返りイメージを得られますので非常に満足度の高い治療のひとつです。(髪の毛をアップにして結い上げるイメージです。)

治療方法

引き上げるポイントを決定しどの程度引き上げるのか、左右のバランス、リフティングの程度を確認し切開部位を確認します。
単に余剰部分を切除するだけでなく、伸びてしまった内部の筋膜を含め全体に引き上げますので確実な若返りが可能です。

こめかみリフト 治療方法

ページのトップに戻る

4. 頸部リフト(ネックリフト)

首元の皮膚のたるみ、シワによって老けた印象に見られる、気になってタートルネックの服を選んで着てしまう、顎から首の境目が曖昧で顔が大きく見えてしまうなどの悩みに有効な治療です。
首年齢が若返るとフェイスラインがはっきりしてお顔の印象も若返ります。首元のシワやたるみを「チキンネック」ともいい、首の皮膚のすぐ下にある広頸筋の衰えが皮膚表面に老化として現れます。

治療方法

ネックリフトは耳介後方からうなじ生え際に沿って切開を行い、丁寧に剥離して広頸筋をしっかりとリフティング固定することで首元のシワ、たるみを改善し若々しいシャープな首元を取り戻すことができます。
首周りに脂肪が多い方は首から顎にかけての脂肪吸引(ライトサクション)を組み合わせるとより効果的な治療を行うことができます。

頸部リフト(ネックリフト) 治療方法

症例写真

頸部リフト 症例写真

年齢:60歳
施術前 / 施術後3ケ月


施術内容

●頸部リフト

ページのトップに戻る

5. ミニリフト

頬リフトよりも切開、剥離する範囲を少し控え目にすることで、術後の腫れや内出血を少なくしダウンタイムが比較的短く済みます。本格的なフェイスリフトをするまでではないが、人知れず若々しい感じになりたい方、たるみの比較的少ない方に適しています。

治療方法

こめかみ部分の生え際、耳の付け根の一部など、改善したい部位に対応した一部分だけに切開を行い、必要最小限の剥離を行って引き上げます。
手術後の腫れや内出血もほとんどありません。

ミニリフト 治療方法

※このホームページに掲載されている全ての画像・動画・文章・データ等の無断転用、転載を禁止します