診療内容

HOME > 診療内容 > 体型を整える > 脂肪吸引術・レーザー分解術

コンテンツ

イントラジェン

診療時間

九州でただ一人!アラガン認定 ボトックス・ヒアルロンさん注射認定トレーナー 院長 飯尾礼美

先端技術

  • サーマクールCPT
  • 二重まぶた

    関連サイト

  • エンビロンメンバーズサイト ログイン
  • エンビロンメンバーズサイト 申し込みフォーム
  • VISTA-Shape
  • ソーシャルメディア

  • 美容外科医の本音 BLOG
  • 飯尾形成外科クリニックLINE
  • 飯尾形成外科クリニック 公式フェイスブック
  • 採用情報

  • 採用情報
  • 院長からの一言
  • カウンセリング予約
  • メール相談

脂肪吸引術・レーザー分解術

脂肪吸引術

ポイント

痩せるのではなく、体型改善の治療です。

適応症状

肥満体型でずっと悩んでいる方

何をやってもなかなか痩せない方

ピンポイントに部分痩せしたい方

リバウンドしやすい方

治療方法

当院の脂肪吸引は太さ2~3ミリの金属製のカニューレを数種類用意し、施術の部位や脂肪の量に合わせて適切なサイズのカニューレを使用します。またシリンジと呼ばれる注射器に似た吸引器具を使用すると、顔などの細かい部分の正確で安全な脂肪吸引を行うことも可能です。


傷口は下着で隠れる部分等目立たない場所を5ミリ程度切開し、カニューレを挿入する前にスキンプロテクターで保護して吸引しますので、術後の傷跡もほとんど気になりません。脂肪を吸引する前に血管収縮剤や止血剤などをブレンドした麻酔液(チューメセント液)を注入し吸引時に血管が傷付くのを防ぎます。チューメセント液を脂肪層に充満させ、さらに体外式超音波を併用して脂肪細胞間の結合を緩め柔らかい状態にして吸引を行うので、従来よりも細いカニューレを使用し施術時間も短くなり身体への負担をさらに軽減できます。


アフターケアとして吸引部位の傷や腫れや拘縮を早期に改善させる「高周波温熱トリートメント」(インディバCET)を行い術後の回復を促進させより施術効果を高めます。

脂肪吸引術・レーザー分解術 治療方法

症例写真

脂肪吸引術・レーザー分解術 症例写真

年齢:23歳
施術前 / 施術後


施術内容

●脂肪吸引術

レーザー分解術

ポイント

レーザーで軽く部分やせ。

レーザー分解術とは

PulseYAGレーザーが先端より発射される細い管を皮下脂肪に挿入して、レーザーによって発生する熱と音響破壊により、脂肪細胞を融解破壊して減少させます。

治療方法

局所麻酔を行い、注射針で皮膚に穴をあけ、レーザーカニューレを挿入し、照射します。分解された組織を注射器で吸引します。

体型を整えるの他のメニューを見る

※このホームページに掲載されている全ての画像・動画・文章・データ等の無断転用、転載を禁止します