診療内容

HOME > 診療内容 > その他の治療 > ほくろ除去術・イボ除去術

コンテンツ

イントラジェン

診療時間

九州でただ一人!アラガン認定 ボトックス・ヒアルロンさん注射認定トレーナー 院長 飯尾礼美

先端技術

  • サーマクールCPT
  • 二重まぶた

    関連サイト

  • エンビロンメンバーズサイト ログイン
  • エンビロンメンバーズサイト 申し込みフォーム
  • VISTA-Shape
  • ソーシャルメディア

  • 美容外科医の本音 BLOG
  • 飯尾形成外科クリニックLINE
  • 飯尾形成外科クリニック 公式フェイスブック
  • 採用情報

  • 採用情報
  • 院長からの一言
  • カウンセリング予約
  • メール相談

ほくろ除去術・イボ除去術

ポイント

邪魔なホクロがあっという間にとれます。

レーザー蒸散法とは

炭酸ガスレーザーと呼ばれるレーザーを用いて行います。
炭酸ガスレーザーは水分を含むものに吸収されると熱を発生します。その特性を利用し一瞬のうちに組織を気化、蒸散させます。治療後の腫れや痛みもほとんどなく、安全かつ短期間に治療することができます。

治療方法

カウンセリング後、ほくろ(いぼ)の部分だけメイクを拭き取ります。
対象範囲が広い場合は洗顔をしていただく場合もございます。局所麻酔を行いレーザーを照射します。
照射後は保護のため医療用テープを貼ります。

症例写真

レーザー蒸散法 症例写真

年齢:50歳
施術前 / 施術後


施術内容

●レーザー蒸散法

ページのトップに戻る

2. 切除法

ポイント

心配なホクロは根こそぎとって、細胞検査ができます。

切除法とは

ほくろをメスを使って皮膚全層で除去し、丁寧に縫い合わせる手法です。

適応症状

レーザー蒸散法では取りきれない大きなほくろ

色、形が不整で“悪性”が心配な方

治療方法

ほくろとその周囲にマーキングをします。その後局所麻酔を行い、メスでほくろを切除します。
切り取った後は丁寧に縫合し、約5日後に抜糸を行います。

ページのトップに戻る

3. IPL法

ポイント

少しずつ薄くしていきます。

IPL法とは

IPL(フォトフェイシャル)はメラニンに当たると光のエネルギーが熱に変わりターゲットであるホクロの細胞にダメージを与えます。
マイルドな反応で「少しずつ色を薄くしていく」ようにとっていきますので、1~2か月に一度繰り返し来院していただきます。

適応症状

傷痕を残したくない方

平らなホクロ

治療方法

治療を行う範囲のメイクを拭いたり、範囲によっては洗顔をしていただくこともあります。
目元や光を当てたくない部分はカバーして照射をしていきます。

※このホームページに掲載されている全ての画像・動画・文章・データ等の無断転用、転載を禁止します