診療内容

HOME > 診療内容 > 顔立ちを整える > 隆鼻術・鼻尖形成術・小鼻縮小術・口唇縮小術

コンテンツ

イントラジェン

診療時間

九州でただ一人!アラガン認定 ボトックス・ヒアルロンさん注射認定トレーナー 院長 飯尾礼美

先端技術

  • サーマクールCPT
  • 二重まぶた

    関連サイト

  • エンビロンメンバーズサイト ログイン
  • エンビロンメンバーズサイト 申し込みフォーム
  • VISTA-Shape
  • ソーシャルメディア

  • 美容外科医の本音 BLOG
  • 飯尾形成外科クリニックLINE
  • 飯尾形成外科クリニック 公式フェイスブック
  • 採用情報

  • 採用情報
  • 院長からの一言
  • カウンセリング予約
  • メール相談

隆鼻術・鼻尖形成術・小鼻縮小術・口唇縮小術

ポイント

顔の中心がすっきりするとイメージアップ。

隆鼻術とは

鼻根(目と目の間)から鼻先にかけての鼻筋をはっきりさせる治療です。高くしたり幅を広くしたり狭くしたり、お一人お一人のパーツの形やバランスを考慮して提案いたします。
鼻筋がはっきりすると、メリハリのある顔立ちになります。お試し感覚でヒアルロン酸注入、くっきり長持ちのレディエッセ(ハイドロキシアパタイト)注入、一生もののシリコンプロテーゼ挿入術から選択します。

適応症状

低い鼻・鼻筋を通したい方・目と目が離れている方

治療方法

1. 注入療法は、アイスパックで冷却減痛処置をして、注入します。


2. 手術は、あらかじめ患者様の骨や軟骨の形にフィットして希望の形が出るようにシリコンプロテーゼを研磨機で成形します。鼻の穴の縁に沿って小切開を行い、プロテーゼを留置できるスペースを鼻骨骨膜下に作り、挿入固定します。手術後は、腫れを抑え固定目的で1〜3日間テーピング固定を行います。

ページのトップに戻る

ポイント

丸い、大きい、上向き、下向き、鼻先の悩みを解決します。

鼻尖形成術とは

鼻先(鼻尖)部の形を整える治療です。丸く大きないわゆるダンゴ鼻、小振りだけど丸い鼻先、上向きのブタ鼻、下向きの魔女鼻等悩みは様々。
ヒアルロン酸やレディエッセでちょっと修正可能なものから、鼻先の軟骨をちょっと結ぶだけの手術、耳の軟骨を採取し成形して皮下に移植する手術、鼻先の皮膚をめくって徹底的に軟骨や骨の形や位置関係を変えていく形成術まで。状態やご希望に応じて選択いたします。

適応症状

団子鼻・鼻先を細くシャープにしたい方、鼻先の向きを変えたい方

治療方法

鼻先の形やご希望の結果に応じで適切な方法を提案します。
期間限定ですがちょっとお試しできる注射。鼻孔縁の小さな切開から糸を通して軟骨を結ぶ縫縮法。
耳の裏を切開して切り出した軟骨を皮下に移植する方法。両側の鼻孔縁を中央でつなげるように切開して皮膚をめくり直視下で軟骨形成や脂肪除去を行うオープン法があります。

ページのトップに戻る

ポイント

鼻をコンパクトにすっきりと見せる。

小鼻縮小術とは

広がった小鼻・大きく開いた鼻の穴は、鼻が強調されて見えます。
鼻全体とのバランスを調整することで目立っていた鼻をすっきりと小さくする治療です。
一緒に鼻の穴の形も改善します。

適応症状

広がった小鼻・大きく厚みのある鼻・大きい鼻の穴

治療方法

1. 埋没法は両側の小鼻付け根の直下に糸を通し“巾着絞り”のように糸を結ぶ事で横広がりの小鼻を中央に寄せる事ができます。


2. 鼻腔内切除法は、鼻腔内の皮膚を切り取って縫縮することで、外目に傷跡を残さずに丸く広がった小鼻を改善します。


3. 基部切除法は、積極的に小鼻のボリュームを減らし鼻孔の形を改善する事ができますが、鼻尖の形や大きさとのバランスに気をつけることが大切です。

ページのトップに戻る

4. 口唇縮小術

ポイント

タラコ口唇をすっきりと。

口唇縮小術とは

ボテッとした唇を顔のバランスに合わせて、薄く上品で魅力的な唇にする治療法です。
顎の骨の形や、歯ならびが原因の場合は、口が閉じにくくなることもあるので、適応に注意しましょう。

適応症状

厚い唇

治療方法

局所麻酔後、口唇の裏側の粘膜や組織を取り除き内側に寄せて縫合することで、口唇の厚みを薄くします。
1週間ほどで抜糸をします。粘膜は、修復力が高いため治りも早いです。

口唇縮小術

※このホームページに掲載されている全ての画像・動画・文章・データ等の無断転用、転載を禁止します