診療内容

HOME > 診療内容 > 若返り(アンチエイジング) > ULTRAcel HIFU(ウルトラセルハイフ)

コンテンツ

イントラジェン

診療時間

九州でただ一人!アラガン認定 ボトックス・ヒアルロンさん注射認定トレーナー 院長 飯尾礼美

先端技術

  • サーマクールCPT
  • 二重まぶた

    関連サイト

  • エンビロンメンバーズサイト ログイン
  • エンビロンメンバーズサイト 申し込みフォーム
  • VISTA-Shape
  • ソーシャルメディア

  • 美容外科医の本音 BLOG
  • 飯尾形成外科クリニックLINE
  • 飯尾形成外科クリニック 公式フェイスブック
  • 採用情報

  • 採用情報
  • 院長からの一言
  • カウンセリング予約
  • メール相談

お顔のアンチエイジング

今、N-COGリフトが注目されている!

ポイント

ウルトラセルハイフは、今までのマシンでは届かなかった皮下組織の下にある一番奥深くの層、SMAS(表情筋浅筋腱膜)と呼ばれる層まで届くリフトアップ治療です。ハイフテクノロジー(高密度焦点式超音波治療法)を用いることでこの治療が可能になりました。
またメスを使わず、超音波によりSMAS(表情筋浅筋腱膜)へ熱エネルギーを与え、たるみを改善していくことが大きな特徴となります。熱エネルギーを与えることで肌を傷つけずに治療ができるので、ダウンタイムもほとんどありません。他の治療との併用も可能です。

HIFU(ハイフ)とは??
高密度焦点式超音波治療法(High Intensity Focused Ultrasound)の略です。

N-COG

超音波を集めてピンポイントに1点だけに照射する方法です。体内の1点のみに超音波を集中させることで、表皮や他の組織には影響を与えません。医療現場においては、体にメスを入れることなく、傷を付けず効果の高い治療が可能なため、早期がんなどの治療に用いられています。
その高い効果と安心性が注目され、HIFU(ハイフ)テクノロジーの超音波技術を応用した、リフトアップマシンが使用されるようになりました。

STEP1

3.0㎜、4.5㎜の深さに集束された超音波は、摩擦による熱作用を用いて高温を発生させます。

STEP2

ターゲットは皮下、特にSMAS層の深層へ熱損傷を作ります。

STEP3

創傷治癒過程でコラーゲン造成が促進されます。

適応症状

たるみ、しわ、小顔、リフトアップ

当院では、ウルトラセルハイフ+エンディメットプロFSR+イントラジェン、3つのテクノロジーを組み合わせ、肌の3層となる表皮・真皮・SMAS(表情筋浅筋腱膜)を同時に治療することが可能です。

ページのトップに戻る

※このホームページに掲載されている全ての画像・動画・文章・データ等の無断転用、転載を禁止します